手作り刺繍ワッペンの縁取りは結構大変。

子どものリクエストで手縫いの刺繍ワッペンをまたまた作る事になりました。作り方は以前も何度か紹介している通りなのですが、今回ははじめてブランケットステッチというステッチで、縁取りをしてみました。ミシンでやるととっても簡単なステッチなのですが、手作りだと結構時間と根気が必要でした…

参考:大きめのキャラクター刺繍ワッペンを作ってみた

超簡単♡初心者でもできる刺繍ワッペンの作り方

初心者でも一時間あれば楽しめる!刺繍のやり方 〜りんごの図案〜

スポンサーリンク

準備するもの

今回は手塚治虫のマンガ「ピッピちゃん」のリクエストがあったので、これをコピーペーパーで写してから刺繍していきます。

刺繍したい絵、コピーペーパー、フェルト、布、刺繍糸刺繍枠、はさみ、刺繍針を準備しましょう。

image

絵を写そう

まずはトレーシングペーパーなどに原画を写します。私はトレーシングペーパーを持っていないので、いつもクッキングペーパーで代用しています。写し絵をする感覚で、ペーパーに原画を写していきましょう。

image

次に、その絵を布に写していきます。コピーペーパーを挟んで上から絵をボールペンなどでなぞっていきます。

image

すると、こんな風に布にうつります。

image

スポンサーリンク

枠にはめて、刺繍開始!

以前もご紹介した通り、フェルトを下、布を上にして刺繍枠にはめていきます

image

まずは輪郭を黒の刺繍糸を2本取りして刺繍していきます。アウトラインステッチを使いつつ、細かい部分はバックステッチなどを使っていきます。

image

目はサテンステッチです。細かくてちょっと難しかった。

image

image

髪の毛はロングアンドショートステッチ2本取りで刺繍します。毛の流れを少し意識しながら…

image

image

分け目で流れを変えていきます。

image

ほっぺはピンクの刺繍糸を2本取りで、サテンステッチです。絵の刺繍が出来上がったら、ワッペンのラインを書き込みます。なんとなく葉っぱっぽい感じにしてみましたが、円でも四角でも作れます。ブランケットステッチは複雑な形には向いていないので、できるだけシンプルなものをおすすめします。フリーハンドで描いているので、結構歪んでいますが、布のカットや刺繍の行程で修正していきます。

image

これがカットした状態。

image

後は縁をひたすらブランケットステッチしていきます。結構時間がかかるし、隙間から糸のほつれが出てきたりして苦戦。

image

でも、結構かわいく完成!子どものキャミソールの右下に手芸用ボンドで貼付けました。接着芯を使いたかったのですが、ユニクロのキャミソールはアイロンを使えないため断念。

image

今回は結構時間がかかりました。ブランケットステッチの縁取りは余裕のあるときにやった方が良いと思います。でも、子どもは大満足なので良かったです♪

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0]

スポンサーリンク