正しい刺繍糸の取り方。1本取りから6本取りまで。

刺繍糸を自己流のやり方でとっていませんか?初心者のうちはそれでも十分なんですが、だんだんと欲が出てくると正しいやり方でやった方がいいと感じる様になります。初めての人向けの説明では、私の適当な方法をお伝えしちゃっていましたが、今回は正しい取り方をご説明して行きたいと思います!

スポンサーリンク

25番刺繍糸が一般的


まず、刺繍糸は一般的な25番の糸を使っていきます。刺繍糸には他にも5番糸や段染め糸などありますが、一番使うのは25番だと思います。他の糸についても、のちのち説明していきますね。今回は25番で刺繍糸の取り方を説明して行きます。

まず、束の状態の刺繍糸から、そっと糸を抜いて行きます。抜き方はそっと抜くのがコツですよ。

image

無理矢理引き抜く抜き方だと、刺繍糸の束がバラバラになって扱いにくくなってしまうのでご注意を。40センチくらい抜いたらカットしましょう。

image

だいたい肩幅くらい、と覚えておけば大丈夫。たくさん刺繍したいからと行って、長くしてしまうと、刺繍している途中で絡まったり、綺麗に仕上がらなかったりするので、40〜50センチくらいを目安にしましょう。カットした糸から、必要な本数を一本ずつ引き抜いて行きます。

image

25番の刺繍糸は細い6本の糸が一束になった糸です。必要な本数は、やりたい図案によって違います。このときも、無理矢理引っ張らず、丁寧に引き抜いて行きましょう。取り方のコツはゆっくり丁寧に、焦らずに引き抜くことです。

3本取りの例


例えば3本取りならこのように3本を引き抜き、刺繍糸を綺麗に揃えます。

image

引き抜いた後に、綺麗に揃えることによって、刺繍しやすく、綺麗な刺繍になります。

image

こちらが揃えた状態。これで刺繍糸の準備は完了です!6本取りの場合でも、そのまま糸の束を使わず、一度すべて一本ずつ引き抜いて、揃えて使います。慣れてしまえば、自己流の取り方には戻れなくなります。私もその一人です。

楽な自己流の取り方でやっていたのですが、慣れてきたこの頃、ふと正しい方法でやってみたら、もう元の方法には戻れなくなり・・・急がば回れ、ですね!

何本どりにすれば良いのか?


初心者だと、一体何本取りで刺繍すれば良いのか、悩むと思います。私も最初の頃は、散々悩みましたが、基本的には2本か3本どりがやりやすいです。刺繍本を見たことがある方は、わかるかと思いますが、普通のワンポイント刺繍などは、ほとんどがこの本数で刺繍されています。

私が実際やって見ても、本数は2から3がやりやすかったです。何本どりかについては、刺繍本では細かく指示がありますので、その通りにやると良いです。

買うときは注意!


余談ですが、刺繍糸を買うときに、思わず5番を買わない様に注意しましょう。私は、ちょっと間違えそうになりました。綺麗な色の糸がたくさんならんでいるので、興奮してしまい、5番を買いそうになりました・・・

刺繍糸はやはり王道のDMC25番がおすすめです。安いし、色も豊富でみているだけで楽しくなります。買いすぎ注意です。

スポンサーリンク