刺し子の花ふきんの玉止め(玉結び)のやり方と隠し方

刺し子の花ふきん作りにどっぷりとはまっております。フランス刺繍と同様、やはり刺し始めと刺し終わりの処理はとっても気になり、色々と調べたりやってみたりしました。色々な方法があり、特に正解はないと感じています。フランス刺繍と始末の仕方は似ていて、自分の好きな方法を選んでやっていけば良いと思います。

今回は刺し子ふきんの玉止めのやり方と隠し方をご紹介したいと思います。単純な方法なので、初心者の方でもすぐにチャレンジできますよ。刺し子ふきんの模様の中でも、細かい一目刺しの模様に活躍するやり方です。

スポンサーリンク

刺し始めは普通の縫い物と同じ方法


普通の縫い物をするように、まずは刺し子の糸に玉結びを作ります。

41E8898D-1CBC-4274-9618-43613E159A51

刺し子ふきんの布と布の間に針を通します。

0DCE317F-E80D-45BF-904D-0536BB65A64A

こんな感じで玉結びを布の間に隠して、あとは普通に刺し子をしていくだけです。

8BBFA77F-6DAA-453A-862F-027695B0B1DF

刺し終わりも普通の縫い物と同じ…


刺し終わりもふきんの布の間にうまく針を通して…

178521E7-D588-4586-BDC9-D6A6633D3A34

布の間に玉止めをすれば完成!

765C1837-0873-46FE-864D-8E635E4AD259

スポンサーリンク

ちょっとゆとりをもたせて玉止めするのがオススメ


上の写真の通り、玉止めをする際は糸にゆとりをもたせておくのをオススメします。糸がつっぱらないようにするためです。刺し始めの始末も同じくゆとりをもたせておくと良いです。

もう一つ注意することとしては、玉止めはきつくしっかり結んでおくことです。ふんわり結んでしまうと、結びが緩んでしまい、ほどけて悲しいことになってしまいますので。

ふきんの布の間に玉結びは隠れちゃう


16CFE5E8-132F-4638-A71C-41DA38995144

こんな感じで玉結びは布の間に隠れてしまいます。玉止めをできるだけ減らしたい場合は、糸を長くとって刺し子をしていくしかないのですが、あまり長い糸は初心者にはオススメできません。扱いが大変だし、絡んでしまってストレスになりますからね。あと、糸が傷んでしまう。慣れてきたら良いのかもしれません。

刺し子ふきんの刺し始めや刺し終わりに決まりはありませんので、自分の好きなようにやりやすい方法で楽しく刺し子ができると良いですよね!他の方法もご紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

刺し子ふきんの刺し始めや刺し終わりの玉結びの仕方【その2】

スポンサーリンク