刺し子や刺繍に使える布、ダブルガーゼ生地を初めて買ってみた。

他の方のインスタやブログを見ていると、時々登場するダブルガーゼ生地の存在。とっても気になっていました。これからミニハンカチを手作りしようかと思い、ダブルガーゼ生地を買って見ました。今回は普通の晒しや綿布との違いや、使い心地をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ユザワヤで使いやすい大きさのものを手に入れました


錦糸町の近くに行ったので、錦糸町のユザワヤ(駅前のマルイに入ってます)でダブルガーゼを購入しました。サイズは110×50で、価格は390円+税。色はクリーム色を選びました。他にも優しそうな色がいくつかありましたよ。もっと大きいサイズも手に入ります。ただ、今回はミニハンカチ作りなので、このくらいの大きさで十分です。

7A73F280-DC63-4AF5-9E5C-F3A7064569E4

D24A963F-50D0-4D29-A4FA-4E368F6F9BAA

ネットだとさらに小さめの扱いやすいサイズがあったり、豊富なカラーがあるようです。お急ぎでない方や近くに手芸店がない方にはこちらがオススメです。

ダブルガーゼ生地の特徴


晒しよりもダブルガーゼは柔らかく、肌触りがいいです。ハンカチやスタイを作るのにぴったりな感じ。伸びる素材ではないので、扱いやすそうです。晒しよりは気持ち厚手かな?といった感じですが、扱いやすそう。

D20F0116-9D9F-4787-9EA3-D28A99412147

水通しが必要


ダブルガーゼ生地は洗濯などによって縮みが発生するため、水通しが必要です。買ってから水につけ、脱水してアイロンをかけるという作業が必要になります。この水通しをすることによって、刺し子や刺繍がしやすくなりますし、洗濯した時に作品が歪んでしまったりするのを防げます。

CFB9C217-5C88-4FE5-ABD3-64C59F87142D

これで準備ができたので、あとはこのダブルガーゼでミニハンカチを作成します。出来上がったらまた記事にしますので、よかったらご覧ください!

スポンサーリンク