初心者でもできる!刺し子ふきんの作り方をご紹介します。【ふきんの仕立て方】

前回は刺し子ふきんを作るために必要な道具をご紹介しました。今回はさらしを使って刺し子ふきんを仕立てるやり方をご紹介したいと思います。

できるだけ初心者の方でも綺麗にできる仕立て方をご紹介できるように頑張りました。

仕立て方は色々な方法がありますので、慣れてきたら別の方法も試してみて、自分にあった仕立て方でやってみてくださいね。

私もいくつかのやり方で刺し子ふきんを仕立ててきました。結果、やっぱりシンプルな仕立て方が一番好きだと感じたので、これから紹介する方法を採用しています。

スポンサーリンク

さらしの下地を作って、刺し子ふきんを仕立てていきましょう

①さらしの地直し・さらしのカットをする

まずはさらしを「さらし幅の2倍+5〜6センチ程度」ほどの長さでさらしをカットするために、さらし生地の地直しをします。

地直し(地のし)とは、生地の歪みを整えるための作業です。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、刺し子ふきんの完成度が大きく変わるので、ぜひ地直しをしてから刺し子をしましょう。

まず、さらしのカットしたい箇所(さらし幅の2倍+5〜6センチ程度のところ)に1センチほどハサミを入れます。

C746F32E-7D2C-4917-843F-F3116A3CEE2D

すると切り目から、横糸が1〜2本出てきますので、そのうちの1本をゆっくり優しく引き抜いていきます。もしも糸が見当たらない場合は、さらしを軽く左右に引っ張ると出てきます。

9DC5F640-12F8-416D-9E95-38844729FE51

右手で糸をしっかりと持ち、左手で糸を探りながらさらしの端まで布地を手繰り寄せていきます。最後まで手繰り寄せたら、左手の指先に力を入れます。すると糸が切れますので、あとは右手で糸を引き抜いていきます。するとこのようにうっすら線ができますので、ここをハサミでカットしていきます。

4BF37073-43A0-4A05-B463-7C913C8F7770

途中で糸が切れてしまったら、そこまでさらしをカットして、また続きの糸から同じ作業をしていけば大丈夫です。

コツは右手には力を入れてもいいですが、左手は優しく糸を手繰り寄せることです。左手に力を入れると糸が切れてしまいます。私は右手の糸は毛抜きで挟んで作業することもあります。もしもうまくいかなかったら試してみてください。

カットできたら、軽くスチームアイロンをしてさらしのシワを整えておきます。

CE0D9965-A7F7-4E59-B420-E0247D9D2612

②さらしのカットした部分から5mmほど内側を縫って綴じていきます。

さらしの地直しができたら、さらしのカット部分から5mmほど内側にフリクションと定規を使って線を引いていきます。1辺のすべての場所がちゃんと5mmになる曜日、手で丁寧に整えてから縫います。指先を使って軽くさらし布をトントンと叩いて動かすと、細かい調整ができます。

03A927B8-0701-4A89-A370-28A824CF6290

線が引けたら、半分に折り、線に沿って縫っていきます。布の端と端をぴったり合わせ、まち針でしっかりととめましょう。

756842FF-D3AA-44CD-AFDE-CD147629B0BC

縫い始めは玉結びせず、返し縫いをして縫い始めます。ダルマ家庭糸の白と縫い針を使って縫っていきます。まず右端から2センチほど左側から右側へ縫っていきます。

3FE34B32-5FB5-419B-AC6B-5435E4AA0141

糸を引いたら、玉結びしていない糸端を1〜2センチほど残しておきます。玉結びをしていなくても、返し縫いをすることによってほどけてしまうことはありません。この残った糸端は刺し子ふきんの内側になりますので、目立つこともないです。

B016068A-6EFC-4839-84CA-34D9E769E19A

さらしの右端が「わ」になるように返し縫いをしましょう。これをしておくと完成時に綺麗な刺し子ふきんになりますし、アイロンをかけるときに扱いやすいです。

ADBEDAC7-DF2B-4724-A946-5CC9D4ADE7CD

あとは真っ直ぐに縫い進めて、左端まできたら、今度は右へ2センチほど返し縫いをします。最後に1〜2センチほど糸端を残して糸をカットしたら、完成です。

1A645121-2248-4470-8CB1-18EC81E02AC5

75D2194A-B347-45F4-B4C0-B2A25E4CE830

③刺し子ふきんの布にアイロンを丁寧にかけていきます

まずは縫い目を開いてアイロンをかけていきます。縫い目ギリギリのところに裏表ともにアイロンします。

E674722F-2293-4E31-B94B-C30832D67B39

布を裏返して表にし、手を使って布を整えてから、丁寧にアイロンをかけます。手前に縫い代、奥にわが来るようにふきんを置き、中心から外に向かって縦方向にアイロンしていきます。こうするとさらしが歪みにくいです。わの部分は最後にアイロンしますので、この時点ではまだアイロンしません。

910ECF36-6C02-46A3-8E95-20AC3DEDC3A0

反対側に裏返して同じように中心から外側に向かって縦方向にアイロンし、最後にわの部分をアイロンします。そのあと、生地を半分に折って十字にアイロンを軽くかけ、中心にマークをつけておきます。

C827959A-E5AE-422F-A59B-7DCCD39C6CD7

スポンサーリンク

ここまで丁寧に仕立てておくと、刺し子ふきんが綺麗に仕上がる

他のやり方やもっと簡単な仕立て方もありますが、この仕立て方が今のところ一番綺麗に刺し子ふきんが仕上がるのでおすすめです。ぜひお試しください!

もしも初心者の方で「もっと簡単に作れないの?」という方は、刺し子ふきんのキットを使うと簡単に楽しく刺し子ふきんにチャレンジできます。

オリムパスさんのキットは私も使ったことがあります。初心者でもとっても楽しく簡単に刺し子ふきんを作ることができますのでオススメです。

刺し子ふきん作りはとっても楽しいので、自分に合った方法でぜひチャレンジしてみてください。

次回は模様を刺すために必要な方眼線の引き方をご紹介したいと思います。

インスタもやっていますので、よかったら覗いてみてくださいね。

http://Instagram.com/sashiko_chilbol

スポンサーリンク