刺し子ふきんに方眼を描くのにチャコペンを使って見たけれど、やっぱりフリクションカラーズが便利だなぁ。

私は模様図案の刺し子ふきんを作ることは滅多になく、作るもののほとんどが一目刺し図案の刺し子ふきんです。

まだ地刺しをする勇気はないので、方眼線を引いてから刺し子をしているわけなのですが、下書きをするペンに何を使うか色々試行錯誤しています。

一通り使って見て、消し方なども考えるとやはりフリクションカラーズが一番良いという結論に達しました!

刺し子ふきんにできれば方眼線を残したくない。

刺し子ふきんは白い晒しに刺し子をすることで、花ふきんを完成させていきます。もちろん、別の色の布を使うことがありますが、ふきんはやっぱり白がいい(と私は思う)。

そうなると白い布にチャコペンの跡を残したくないですよね。普通のいわゆるチャコペンシルだと、水でゴシゴシ洗わないと落ちないことがあります。新品の刺し子ふきんをゴシゴシ洗うのは、大変抵抗があります。

というわけで、チャコペンシルはちょっと使いにくい。

数日で消えるチャコペンだと、急いで刺し子しなくちゃならない!

時間が経つと消えるチャコペンを使う方法もあります。すぐに仕上げるような図案なら良いのですが、刺し子はのんびりゆったり作りたいのです。一生懸命書いた方眼線が消えていく様子は、かなりのショック!

というわけで、時間が経つと消えるチャコペンは高速刺し子ができる人向け。

スポンサーリンク

フリクションカラーズのメリットデメリット

そこで、刺し子の図案描きにはやはりフリクションカラーズ一択となるわけです。アイロンで消せるので、とにかく気軽に線を綺麗に消すことができます。これは何よりのメリットですよね。

デメリットもいくつかあります。フリクションカラーズはちょっとペン先が太いので、細かい方眼描きにはコツがいるのです。そして、方眼線ってかなり線を引くのであっという間にインクがなくなります。また、アイロンの熱で消した後に、とっても寒いところに置くと線が復活することがあります。

でも、フリクションカラーズで書いた線は、使って洗濯しているうちにもちろん消えてしまうので、線が復活することは滅多にありません。

これらのデメリットはあるものの、他のチャコペンに比べると圧倒的にフリクションカラーズは刺し子向けなのであります!

今のところフリクションだけど、もっとペン先が細くて熱で消えるチャコペン求む

刺し子ふきんの図案を描くことを考えると、もっとペン先が細いものが欲しいのです。パイロットさん、刺し子用に作ってくれないかな〜

他にもオススメのチャコペンがあったら教えてください!

インスタやってます。よかったら覗いてみてくださいね。

http://Instagram.com/sashiko_chilbol

スポンサーリンク