チェーンステッチ刺繍のやり方を覚えよう!

小さな輪っかをとにかく繰り返して刺して行くのがチェーンステッチ刺繍のやり方。鎖のような感じの仕上がりになり、線としてだけでなく、面を埋める刺繍に使うこともあります。チェーンステッチのやり方やコツは覚えてしまえば簡単ですが、初めての人にはちょっと難しいかもしれません。できるだけわかりやすく、やり方をご紹介していますので参考にして見てください。

昨晩、子どものリュックサック用にチェーンステッチで名前刺繍をしました。三本取りでやったので、結構はっきりとした輪郭の名前になりました。チェーンステッチの名前刺繍はかわいい感じになるので、結構お気に入りです。そんな、かわいいチェーンステッチのやり方やコツを、初心者向けにご説明して行きたいと思います。と言っている私も初心者ですが、だからこそわかりやすく説明できればいいな〜

スポンサーリンク

力を入れないのがコツ


チェーンステッチの最初のやり方は、右から左に向かって刺繍して行きます。刺繍枠、布、刺繍糸、刺繍針など刺繍に必要なものを揃え糸の準備をしましょう。まず、針を出します。

image

刺しはじめの始末は、玉結びでも良いですし、基本のやり方でもいいです。

次に、はじめに出した針穴と同じ場所に針を入れて行きます。

image

入れた後、糸は引っ張らずに、次の場所に針を出します。

image

針を出す際に、糸を引っ掛けておき、そのまま糸を引いて行きます。

image

糸を引きすぎるとチェーンの丸みがなくなってしまうので、適度な力でふくらみを残しながら刺繍しましょう。これがチェーンステッチの一番のコツです。

スポンサーリンク

そして、針を出したところに、また針を入れて行きます。

image

先ほどと同じくらいの間隔で、針を出して行きます。

image

できるだけチェーンの長さが同じになる様に刺繍して行きます。

このようなやり方で繰り返し刺繍して行きます。

image

最後は、このように刺して終わりです。

image

最後の部分は、短いストレートステッチ(要するにまっすぐ縫うだけ、一針だけね)です。

とっても簡単なストレートステッチのやり方をマスターしよう!

image

チェーンステッチの刺し終わりは、玉結びか基本の刺し終わりで始末しましょう。

完成です!


チェーンステッチ完成!

image

チェーンステッチは何本取りで仕上げるかで、だいぶ趣が変わってきます。いろいろやり方を試してみてくださいね!とりあえず初めて、という方は二本か三本取りがやりやすいかと思います。

昨日、ユザワヤでいろいろな道具を買い足してきました。私はまだまだわからないことだらけなので、わからない時は店員さんの力を思いっきり借りています。忙しそうなときは、聞きづらいのですが、昨日は大丈夫そうだったので、刺繍のブローチを作るグッズについて聞いて、手に入れてきました!いつ出来上がるかわかりませんが、ご紹介して行きたいです。

刺繍くるみボタンブローチを好きな図案で自由に作ろう♡

それから、刺繍しやすい布ということで無地のシーチングという種類のものを少しだけ購入しました。10センチ単位で購入できるので、小さな刺繍用にとっても助かります。1メートルで340円くらいだったので、20センチ購入しても100円で十分でした。早速昨晩使ってみたところ、かなり刺繍しやすかったです。ちなみに、今回ご紹介したチェーンステッチを刺繍する際に使っているピンクの布がシーチングです。

心配な場合は接着芯を貼って刺繍しても良いと思います。みなさんも布で悩まれていて、最初から高価なものに手を出すのに抵抗がある場合は、シーチングがおすすめです!

初心者が失敗しがち。刺繍に必須な接着芯の使い方を知ろう!

チェーンステッチの応用ステッチもあります。さらにかわいい刺繍ができて、世界が広がりますので是非試して見てください。

チェーンステッチの応用。巻きつけチェーンステッチで名前の刺繍をすると立体感が出て、可愛くなるよ。

スポンサーリンク

コメント

  1. りん より:

    刺しゅう初心者です。本を見てもわかりづらかったのが、こちらで理解できました。ありがとうございます。

    • tiku-tiku より:

      コメントありがとうございます!
      お役に立てたのなら、とっても嬉しいです♪何か記事にして欲しいことがありましたら、お知らせください^ – ^