フレンチノットステッチ(フレンチナッツステッチ)のやり方とコツ、糸の始末の方法。

フレンチノットステッチ(フレンチナッツステッチ)とは、小さな刺繍の動物の目や鼻、木の実などの小さな丸を表現できる結び目のステッチのこと。使う機会が多いので、やり方やコツ、糸の始末についてぜひ覚えておきましょう!私は目や、花の芯によく使います。初めてフレンチノットステッチを刺繍した時は、糸が絡まったり、結び目がうまくいかなかったりと、ちょっぴり苦労しました。みなさんが苦労しないよう、コツや始末についても説明して行きますね。

スポンサーリンク

フレンチノットステッチ(フレンチナッツステッチ)のやり方


まず刺し始めですが、玉結び(玉留め)で始末してももちろん大丈夫です。玉結びなら、裏面はこんな感じになります。私はとりあえず玉結びで始末して、フレンチノットステッチのスタートです。

image

玉結びを避けたい場合のやり方は、他の刺繍部分の裏糸に余った糸をくぐらせて始末します。基本の刺しはじめの始末と同様です。刺しはじめの始末は、フレンチノットステッチが終わってからとなるため、とりあえずは刺しはじめの糸を残しておいてくださいね。フレンチノットステッチを刺繍する時点で、すでに他のステッチで刺繍をしている部分が近くにある場合は、そちらの裏糸にくぐらせて刺し始めても良いと思います。

↓刺し始めの糸を残した場合の、裏面です。

image

では、フレンチノットステッチを刺繍していきましょう。糸を表に出したら、糸を一巻き針先にかけて行きます。

image

糸を出したところのすぐ近くに、針を刺します。

image

そのまま針を立てて、裏まで刺して行くのですが、その際にコツがあります。まず、焦らないこと。そして、結び目をできるだけ布に近づけて、糸を引き締めた状態で裏まで刺して行くことです。しっかりと引き締めておかないと、結び目が布と離れてしまいます。ここで失敗すると、フレンチノットステッチの結び目をほどくのにも苦労するし、やり直しも大変ですからね・・・

image

できあがりはこんな感じです。糸を二回巻いて刺すと、大きめの結び目ができるので、お好みに合わせて使ってみてください。下の写真の左が一回巻き、右が二回巻きです。少しだけ右が大きいです。

image

スポンサーリンク

刺し終わりは裏糸にくぐらせて始末


これだけで刺繍が終わり!ということは無いと思います。例えば、このフレンチノットステッチを目にして、顔にしていくやり方はこんな感じ。

image

適当ですみません・・・これで刺繍が終わりだとします。刺し終わりの始末は玉結びか、裏糸にくぐらせて始末します。刺し始めに残していた糸も針に通して、同じ様に始末しましょう。

image

image

フレンチノットステッチのやり方のコツは丁寧にゆっくり刺繍すること


丸くコロンとしたフォルムがかわいいフレンチノットステッチ。本当にいろいろな場面で活躍してくれます。絡まってしまうと大変なので、とにかく丁寧にステッチすることがコツです。やり方を覚えてぜひ使ってみてください!

いろいろなステッチで、名前の刺繍をしてみたよ。

フレンチノットステッチをたくさん刺繍して、イヤリングにして見たりもできます。応用すれば、いろいろかわいい刺繍ができますよ。

初心者が作る!刺繍イヤリングの作り方。

スポンサーリンク