靴下刺繍のやり方 サクランボの図案

ちょっとした小物に刺繍をすると、オリジナルな物を簡単に手に入れることができます。今回は無地の子供用靴下にサクランボの刺繍を刺すやり方をご紹介していきます。無地の靴下は、以前に無印で買っておいたものです。無印はその名の通り、無地のものばかりなので、刺繍するのにはピッタリです!

スポンサーリンク

靴下刺繍のやり方


まず、必要なものを準備しましょう。

image

オリジナル図案を自由に紙にスケッチしましょう。

image

刺繍用のコピーペーパーを準備していたのですが、靴下には図案を写すことができませんでしたので、チャコペンで直接描きました。ピーシングペーパーやスマプリという便利で簡単なものを使うやり方もあるのですが、手元に無かったため、今回は使用していません。今度使ってみたら、記事にしたいなと思っています。

image

8センチの刺繍枠を使えば、子どもの小さな靴下でも刺繍がやりやすくなります。ちなみにこの靴下は17センチ〜19センチ用のものです。こんな感じで靴下に枠を入れていきます。

image

そして、こんな感じに靴下を丸めて準備完了。

image

まずは、ゴールドのラメ糸でフチを刺繍しました。これが予想以上に大変でした!初めてラメ糸にチャレンジしたのですが、とにかく刺繍しにくい・・・糸がすぐにほつれてしまって、悪戦苦闘しました。なんとか出来上がったのがこんな感じです。枝部分はアウトラインステッチ、実の部分はバックステッチで、両方とも二本取りです。

正しい刺繍糸の取り方。1本取りから6本取りまで。

image

ラメ糸の使い方のコツを調べたところ、短めの糸と太めの針でできるだけ垂直に針を刺すようにステッチしていくやり方だとうまくいくようです。私もそのように頑張って刺繍していきましたので、なんとかやり遂げることができました。また、糸用のワックスがあるそうなので、それを使うのもいいかもしれませんね。使うのは大変だけれども、出来上がりはやっぱりいい感じになるので、がんばって慣れていきたいです。

スポンサーリンク

実の部分赤い糸を2本取りで、サテンステッチしました。また、葉の部分は三本取りのサテンステッチです。こんな感じのやり方で靴下刺繍の完成です!

image

靴下の裏は、チクチクしないよう、接着芯を貼りました。

image

図案を写すのに便利なグッズは、初心者にオススメ


先ほどちょこっと触れたピーシングペーパーとは、図案を簡単に写すことができるペーパーです。アイロンで布に接着して、紙の上から刺繍していきます。刺繍が終わったら、紙を破いて取り除けば完成!という商品。今度使ってみよう♪

そして、スマプリとは、図案を写したものがシール状になっているので、アイロンを使わずに布に接着できるもの。刺繍が終わった後は、水で洗って乾かせば完成!という簡単・便利なものです。こちらも気になっているので、また紹介していきたいです。

スポンサーリンク