玉止めしない!刺繍の刺し始めと刺し終わりの基本を知ろう。

本当に初めての刺繍では、刺し始めは玉留めで十分だと思います。初心者のうちはもちろん、裏が気にならない刺繍をする場合は私も玉結びをすることがあります。が、この縫い始めの刺し方覚えておくとさらに綺麗な仕上がりで、刺しやすいのでぜひマスターしましょう!

スポンサーリンク

面を刺繍する場合 その1


image

まず、表から縫い始めていきます。

image

そして図案の中の適当な場所に針を出します。

image

このときに、こんな感じで数センチ程度糸の端を残しておいてください。

image

また、針を入れていき。。。

image

少し先に出します。

image

一つ前に針を入れた場所に、針を入れて行きます。

image

この状態になると、引っ張っても糸は取れません。刺し始めはこんな感じで、この状態で刺繍を始めましょう。刺繍が終わったら、この刺し始めの糸はカットすればオッケーです。

image

刺し終わりですが、刺し終わったら裏面に糸を出し、裏側のステッチに数回通して糸を切ります。このように裏面のステッチを縫うように始末すれば、玉留めのようにボコボコせず、綺麗です。面を刺繍する場合はこのように刺し始め・縫い始めをし、一度覚えてしまうとずっと使えます。玉留めとこの縫い始めの両方を使いこなせると、臨機応変に刺繍ができるようになりますよ!

ちなみに玉留めは、普通の裁縫と同じような玉留めをしています。

面を刺繍する場合 その2


もう少し簡単な縫い始め方法もあります。刺し始めたい場所に向かって、少し縫い、そのまま刺繍を始めるだけ!

image

こんな感じです。

こちらが裏面。

image

こちらの刺し始めの場合も、裏糸の端は数センチ残してください。縫い始めで残した糸は刺繍の後にカットしても良いですし、心配ならば刺し終わった後に針に糸を通して裏側のステッチに適当に通してしまいましょう。

スポンサーリンク

線を刺繍する場合


線を刺繍する場合は、面の様な刺し始めとは行きませんが、基本の縫い始め方は同じ。

image

裏糸の端を数センチ残して、刺繍ステッチをしていきます。この刺し始めに残した刺繍糸は、後から処理しますのでご安心を。↑裏面の写真

image

表面の写真↑

image

刺し終わったら、糸の端を裏面の縫い目に何度かくぐらせるだけ!縫い始めに残っていた刺繍糸もこのようにくぐらせて処理します。刺し始め・刺し終わりの糸のどちらも同じようにくぐらせれば大丈夫。

image

残った糸は切りましょう。玉結びせずにほつれてしまうことを心配する方もいるかもしれません。でも、この刺し始め・刺し終わりで作った私のたくさんの刺繍作品は、何度洗濯してもほつれることなく活躍しています。この縫い始め方さえマスターしてしまえば、刺繍がより楽しくなりますよ!

私が刺繍に初めてチャレンジした際、まずつまづいたのが刺しはじめと刺し終わり。覚えてしまえば簡単ですが、最初はよくわからないものです。とにかく、ほどけることがないよう、裏側のステッチにうまく糸をくぐらせればだいたい大丈夫!!!玉結びしないと、裏側が綺麗に仕上がりますよ〜

初心者に人気の刺繍の本。

スポンサーリンク