紙刺繍の縫い方をマスターして、お花の図案の誕生日カードを作る方法

紙刺繍をご存知ですか?その名の通り、紙に刺繍をするんです。ヨーロッパ刺繍などの布にする刺繍よりも簡単で、子どもでもチャレンジできます。今回は紙刺繍でお花の図案を刺繍し、誕生日カードを作成してみたので、その縫い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

紙刺繍の道具の準備とお花の図案の描き方


私は100均でこのような写真を入れられるメッセージカードを購入しました。写真の代わりに刺繍をした紙を入れるつもりです。写真を入れられるカードは他にもいくつか売っていましたので、ご自分の好きな物を準備しましょう。

image

他に準備するものは、紙と針、刺繍糸、はさみ、必要ならばマスキングテープなどです。針は紙を刺すのに使うため、あまり高価なものや大切なものを使うのはおすすめできません。紙刺繍は刺繍針ではなくても、刺繍できますよ。

image

まずは、メッセージカードの下準備です。カードはこのようになっています。

image

この丸く穴のあいた部分に本来ならば写真を入れるのですが、ここに刺繍した紙を入れます。紙は無地のポストカード(はがき)を使いました。サイズが合わない場合は、カットしてつかいましょう。こちらも100均でたくさん入ったものが売っています。他の紙でももちろん大丈夫ですが、薄すぎたり厚すぎたりすると紙刺繍がしにくいので注意です。

image

まずは紙をセットして、丸い部分を鉛筆でなぞっておきます。写真がちょっと見えにくいですが、こうして描いておけば、丸い部分からはみ出して紙刺繍することはなくなりますね。

image

次に、丸い枠内に自由にメッセージや図案を描いていきます。描くのが苦手な方は、トレーシングペーパーで図案を写しても良いですし、プリンターで直接紙に好きな図案を印刷してもいいと思います。今回は丸い枠内に収めなければならないので、プリンターを使う際ははみ出さないように気をつけてください。もしくは、プリンターで別の紙にプリントして刺繍したものを最後にこの丸い枠に貼付けてもいいと思います。

image

今回はバラのお花の図案にしました。

スポンサーリンク

紙刺繍の縫い方


下絵が出来上がったら、針で穴をあけていきます。間隔を適度に開けて、どんどん刺していきましょう。間隔が狭いと、穴と穴がくっついてしまいますので気をつけてください。

image

こんな感じで紙刺繍の準備ができました。

image

さっそく紙刺繍していきます。刺繍糸は細い六本の糸が一束になっています。細い六本の糸の中から、好きな本数を抜き取って刺繍していきます。今回は四本取りで刺繍しています。四本取りが分からない方は、刺繍糸の取り方←を参考にしてみてください。縫い方ですが、四本取りの糸を裏から表へ刺していくと、写真のような感じに糸が出てくると思います。

image

裏側はこんな感じですので、初心者の方は糸をマスキングテープで止めておきましょう。刺繍経験者や裏側も綺麗に仕上げたい方は、普通の刺繍の刺し始めの基本と同じように糸を始末していきましょう。玉結びでもいいです。ここからの縫い方は、穴に沿ってバックステッチしていくだけです。

手縫い刺繍、バックステッチのやり方

image

途中まで刺して、ちょっと違う方へ針を移動させたい時は、裏側で針をこのように糸にくぐらせながら移動する縫い方だと、裏側がごちゃごちゃせず、綺麗に仕上がります。

image

葉っぱが刺し終わりました。刺し終わりの始末はマスキングテープ、玉止め、基本の刺し終わり、どれでもお好きなものでどうぞ。私はこのように裏側の糸に針をくぐらせて、基本の刺し終わりで仕上げました。

image

次にお花を刺していきます。お花の刺し始めも先ほどと同様に好きな方法でやって行きましょう。私はさっき刺した葉っぱ部分の裏側の糸にくぐらせてから、刺し始めました。こんな感じで何度かくぐらせて・・・

image

はみだした糸をカットしたら、刺し始めもすっきりです。

image

このあとも同様の縫い方で始末して仕上げていき、まずお花の完成。

image

裏側はこんな感じです。このマスキングテープの部分も他の方法で仕上げると、裏側がさらにすっきりしますね。

image

ちなみに玉結びとはこんな風に、裏側にこぶを作ることです。普通の縫い物の時と同様のやり方です。文字の縫い方もお花の図案と同様、バックステッチです。

image

文字も刺し終わって、セットするとこんな感じに仕上がりました!!!結構気に入っています♪

image

お花の図案の紙刺繍の縫い方は、思ったより簡単で楽しかった!


紙刺繍は、穴を事前に開けるので初心者や子どもでも手軽にできます。道具も少なくて済むので手軽だし。あまり細かい図案は向いていないのかな〜とも思いました。結構太めの針(6本取り用)を使ったのですが、もう少し細い方が刺繍しやすかったように感じます。裏糸の始末は、とにかくマスキングテープで貼っておけばなんとかなります。裏側は隠しちゃえばいいので。

可能性は無限大な紙刺繍、またチャレンジしていきたいです!

スポンサーリンク