初心者が作る!刺繍イヤリングの作り方。

はじめて作ったイヤリングが、意外とかわいくて簡単だったので作り方やポイントをご紹介します!刺繍糸の色を自分でアレンジすれば、自分に似合うオリジナルのイヤリングが作れます♡

スポンサーリンク

準備するもの


刺繍枠、刺繍糸二色(今回は薄い水色とブルー)、布(シーチングの黒を使用)、刺繍針、ツツミボタン、イヤリング土台、ほつれ止めボンド、普通のボンド、布用はさみ、チャコペン、縫い針と縫い糸です。

image

ツツミボタンとイヤリングの土台はユザワヤで購入しました。直径が同じものを選んでいます。ネットでも売られていますが、実物を見て購入する事をおすすめします。留め部分もいろいろな種類がありますので、自分にあったものを選びましょう。私は、ネジで幅を調整するタイプの留め具が苦手なので、写真のようなタイプを選びました。

どちらも金額は忘れてしまいましたが、合計で500円もしなかったと思います。

まずは、チャコペンで形を決めよう


image

黒い生地なので、白いチャコペンを使っています。ツツミボタンの大きさをなぞって丸を書きます。

image

書けたら、刺繍枠にはめていきましょう。

ひたすらフレンチノットステッチ(フレンチナッツステッチ)


image

ランダムにひたすらフレンチノットステッチ(フレンチナッツステッチ)をしていきます。薄い色から刺繍して行くと良いと思います。

image

薄い色がなんとなく終わったら、残りを濃い色の刺繍糸でフレンチノットステッチしていきます。

image

完成したら、もう一つの方も仕上げて行きましょう。

スポンサーリンク

裏をボンドで止めましょう。


image

ほつれ止めとツツミボタンへの固定のためにボンドを裏面に塗っておきます。

縫い代を残してカット


image

縫い代を残してカットして行きます。私は先にボンドを付けてしまいましたが、カットしてからほつれ止めのボンドを塗った方がカットしやすいです。

ツツミボタンを包むように縫って行きます。


image

縫い代部分をひとまわり縫って、糸をしぼるとこんな感じになります。しぼるだけでは不安だったため、丸の対角線状に何度か縫ってあります。ここは見えない部分なので、自分のやりやすいように縫って行きましょう。

image

二つともツツミボタンを包んだら、丸い大きさの布を準備して、ボンドで貼って行きます。

image

こんな感じで包んだ部分を覆うように貼付けましょう。

ボンドで土台に固定したら完成!


image

あとはボンドで土台にしっかりと固定して、一晩寝かせましょう。

完成です!

image

早速、ヘビロテのイヤリングになりました。次はもう少し丁寧に赤系の色で作りたいな〜と思っています。フレンチノットステッチ(フレンチナッツステッチ)の練習になりました。

スポンサーリンク