刺繍くるみボタンブローチを好きな図案で自由に作ろう♡

クローバーのくるみボタン・ブローチセットを購入してあったので、今日は時間もあることだし、作ってみようと思います。今日刺繍するのは、子どもの大好きな絵本「11ぴきのねことあほうどり」の中の、あほうどりとコロッケです。

スポンサーリンク

まずは準備するもの。

image

刺繍したい絵、チャコペン、ブローチセット、布、刺繍糸、刺繍用針刺繍枠、はさみ、縫い針、手縫い糸を準備しましょう。

最初にチャコペンで刺繍図案を書いていきます。縮小コピーしてサイズを合わせて、それをチャコペンやコピーペーパーで写しても良いですが、私はあえての手書き。まったく同じより味が出て好きなんです。

image

とはいえ、描いてみると別のあほうどりに見えます・・・まあ、刺繍するとまた違った感じになるので、このまま進めていきます。正確に図案を刺繍したい場合は、ちゃんと写してくださいね♪

ブローチセットの中にくるみボタンサイズの型紙がありますので、こちらもチャコペンで描いておきます。

刺繍枠にはめて、刺繍していきます。刺し始めや刺し終わりは基本のやり方でも、玉結びでも。まずは黒い刺繍糸を2本取りしてバックステッチを使い、周りを刺繍しましょう。羽の黒い部分はサテンステッチです。目の部分は、一本取りのバックステッチで、目玉はフレンチノットステッチ一回巻きです。コロッケも2本取りのバックステッチ

下書きは無視して、なんとなく修正しつつ刺繍したら、結構愛着のある顔に仕上がりました!

image

スポンサーリンク

くちばしと足は黄色の刺繍糸を2本取りしてサテンステッチ、体は白の刺繍糸を3本取りしてロングアンドショートステッチ。今日は裏が見える心配も無いので、刺し始めと刺し終わりの始末がやりにくい所は、玉結びしたりしています。

image

白目の部分は一本取りで埋めました。目の周りも少しだけバックステッチで細かく埋めています。細かい部分は、糸も少ない本数で仕上げた方が綺麗に仕上がるという事がわかりました。

image

コロッケは黒の刺繍糸1本と茶色の刺繍糸2本を混ぜて、3本取りのサテンステッチで刺繍します。

image

これで刺繍は完成!

image

裏はこんな感じです。今回はブローチになってしまうので、裏は気にせずに刺繍しています。

image

あとは、ブローチの説明書通りに型紙の大きさに布をカットし、布をパーツにはめ込めば完成!

image

image

裏はこんな感じ。

image

思ったよりも可愛く出来上がりました。子どもに見せるのが楽しみです♡鳥の刺繍ははじめてでしたが、何となく羽の流れっぽく刺繍すると、それらしくなることがわかりました。コロッケはコーヒー豆っぽいですが、気に入っています。細かい部分の刺繍の方向をもう少し勉強していきたいなと思っています。

近々、ロングアンドショートステッチについての記事も書きますね。

スポンサーリンク