初心者が失敗しがち。刺繍に必須な接着芯の使い方を知ろう!

刺繍を始めたばかりの頃、なぜか刺繍がうまくいかないことが時々ありました。そうなんです!布の違いによって、仕上がりが全然違うんです。厚みや素材によっては、布を二重にしたり、接着芯というものを使うだけで、とっても刺繍しやすく綺麗に仕上がります。そうとは知らずに、ペラペラのTシャツに刺繍したところ、納得のいかない仕上がりに。。。みなさんがそんなことにならないよう、こちらでご説明していきます!

スポンサーリンク

対策として接着芯を使おう!


刺繍する布やTシャツが薄かったり、目が粗い布の場合は対策が必要。何の対策もせずに刺繍すると、残念な結果になります。対策としては、接着芯というものを裏に貼ってから刺す方法がおすすめ。

image

こんな感じのものが手芸店などで入手できます。両面接着芯と片面接着芯というものがありますので、間違えて買わないよう注意しましょう。また、接着できないタイプの「芯地」というものもありますので、ご注意を。普通の刺繍に使う場合は、片面接着芯で大丈夫です。

接着芯とはその名の通り、接着剤が着いた布の芯。両面に接着剤がついているか、片面に接着剤がついているかで、使い分けできます。アイロンで貼るタイプやシールで貼るタイプがありますが、今回はアイロンタイプの片面接着芯の使い方をご説明します。

まず、布と片面接着芯とアイロン、そして当て布を準備。

image

image

布のシワをとるために、まずアイロンを普通にかけます。ちなみにこの布は結構薄手の布です。

image

片面接着芯には裏表があり、キラキラしている方が接着剤がついている面、そうではない方が着いていない面です。

image

↑これが接着剤がついている面。

image

↑これが、ついていない面。

スポンサーリンク

接着芯は必要な分だけカットして、貼付けていきます。

image

今回は四角い刺繍をするので、図案より少し余裕を持って適当にカット。できるだけ、図案の形に通りにカットすると、綺麗に仕上がります。例えば、直径1センチの円を刺繍したい場合は、接着芯は1.5センチほどの円の形にカットしましょう。こんな感じで下からアイロン台、接着芯(接着剤側と布がくっつくように置く)、布、当て布の順に重ねます。

image

↑接着剤がついたキラキラした面が、上になっている状態です。

布と接着芯をずれない様に重ね、当て布をして中温のアイロンをスチームなしでかけていきます。

image

image

このときに2つ注意が必要で、まずアイロンは押さえる様に力を入れてかけること。普段のアイロンの様に滑らせたり、動かしたりせず10〜15秒力を入れて我慢です。何秒押さえるかは、説明書の時間通りにしましょう。もし記載が無い場合は、10秒くらいで様子を見てみるといいです。

次に、アイロンをかけた後は、さめるまで触らないこと。私はこれを守らずに、はがれてしまったり、よれてしまったことがあります。接着芯に説明書などが着いている場合は、その通りに貼ってみてください。

image

しっかり着いたら、さっそく刺繍をして行きましょう!

接着芯についてのまとめ


この方法はTシャツの刺繍を始め、いろいろな刺繍に応用して使えます。今回は薄手の接着芯を使っていますが、場合によっては普通の厚さの接着芯を使ってもいいと思います。また、今回は刺繍をする前に布の補強のために接着芯を使いました。

他にも、刺繍の後に裏側に接着芯を貼るという使い方もあります。その場合は薄手の接着芯ではなく、普通か厚手の接着芯の使用をおすすめします。なぜなら、薄手の接着芯だと洗濯していくうちに毛羽立ってきてしまうからです。洗濯しないものなら薄手でも大丈夫ですが、Tシャツなどの刺繍の後に貼るのなら、普通か厚手の接着芯でどうぞ。

Tシャツに刺繍するやり方の記事


Tシャツや洋服に刺繍する方法を記事にまとめてあるので、よかったら参考にして見てください。

靴下刺繍のやり方 サクランボの図案

手作り刺繍ワッペンの縁取りは結構大変。

穴の空いたズボンに猫の図案を刺繍して穴埋めしてみた。

初心者でもTシャツに刺繍できる。刺繍のやり方。

Tシャツがオリジナルになる!ワンポイント刺繍のやり方

スポンサーリンク