とっても簡単なストレートステッチのやり方をマスターしよう!

刺繍のストレートステッチの縫い方はとっても簡単。初心者でもちょっとした草花の刺繍をすることができます。他のステッチに比べて技術もそれほど必要がないので、すぐにマスターできますよ。今回は初心者の方でもすぐに刺繍できるように、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ストレートステッチとは

説明しようとすると難しいのですが、ただまっすぐな線を縫うだけのステッチです。なのでとっても簡単なのです。縦や横、丸く放射線状にすること多く、一針ずつまっすぐな線を刺していきます。線の長さや太さ、他のステッチと組み合わせたり、並べ方によっていろいろな模様を刺繍できます。

ストレートステッチでお花を刺繍してみましょう

まず、刺繍枠に図案を書いた布をセットして、2本取りの刺繍糸を裏から刺していきます。

image

裏はこんな感じ。今回は玉結びをして刺し始めましたが、他のステッチと組み合わせたりする場合は基本の刺し始めで始末してもいいと思います。

image

次に針をこのように入れていきます。

image

お花を刺繍するので、次はまた斜め上の方に刺していきます。

image

また針を入れていきます。

image

これを繰り返して放射線状にステッチを刺していきます。これで完成。刺し終わりは玉結びにしていますが、基本の刺し終わりで始末してもいいです。これは8本のステッチでお花を表現していますが、6本や12本で表現することもできます。

image

スポンサーリンク

こんな感じの模様もストレートステッチでできます。

先ほどのお花のステッチを応用すると、このような模様を刺繍する事ができます。

もうすぐ子どもの誕生日なんです。今年は猫のぬいぐるみの寝具セットが欲しいとのことなので、がんばって手縫いで作ることにしました!敷き布団は既に...

次は葉っぱを刺繍してみましょう

なんか足跡みたいですが、適当に図案を書きます。

image

これで完成。簡単すぎますが、雑草っぽくみえますよね。

image

さっきのお花に葉っぱをつけることもできます。こんな感じで図案を書いて…

image

刺繍するとなんとなく、花らしくなりました!

image

リボンやちょうちょもいけます!

こんな感じで適当に図案を書いて、好きな色の糸を二本取りして刺繍するだけ。

image

リボンとちょうちょ、完成です。

image

このステッチはとっても簡単ですが、応用次第でいろいろな図案を楽しめます。他のステッチと組み合わせると、本格的な刺繍を楽しむ事ができますよ。ぜひぜひいろいろなステッチを覚えて、刺繍の幅を広げてみてください。私も少しずつですが、ステッチを覚えて使っていけたらいいな〜と思っています。

スポンサーリンク