子供が書いた絵を刺繍して、バッジにしてみた。

子供が書いた似顔絵を刺繍してくるみボタンでつつみ、裏側にピンを付けてバッジにしてみました。とっても簡単なので、初心者でもできますよ!いろいろ反省点がありますが、結構良くできたので作り方をご説明しますね。

スポンサーリンク

材料を準備

image

刺繍針、刺繍糸、ボンド、くるみボタン(今回は100均で買った直径約2・5センチのもの)、刺繍用コピーペーパー、子供の絵(夫の似顔絵をサイズに合わせて描いてもらった)、ボールペン、ピン、刺繍枠、布、ハサミ、です。

写真に写っている鉛筆と消しゴムは、子供が似顔絵を描いたり、くるみボタンの大きさに合わせて布に円を描く際に使いました。また、ペンチはくるみボタンの裏側についているボタン用の金具が邪魔だったのでそれを取るのに使いました。

子供が書いた絵を布に写します

image

元の絵を布に写すために、コピーペーパーを使いました。コピーペーパーが無い場合は、コチラの記事を参考にして刺繍してくださいね。くるみボタンの大きさに合わせるのがポイントです。市販のくるみボタンセットにはたいてい使い方の説明がありますので、その通りに使ってください。私はダイソーのくるみボタンを使っています。裏側の金具さえ取れれば、バッジに変身させる事ができる優れものですよ!

線に沿って好きなステッチで刺繍しましょう!

image

あとは好きなステッチで線に沿って刺繍するだけ。最後に反省点でも描いていますが、小さな刺繍な上に細かいので、一本取りバックステッチのみで刺繍すれば良かったです。ちなみに写真のものはネイビーの刺繍糸2本取りですべて仕上げてあります。輪郭のみアウトラインステッチを使っていますが、バックステッチにすれば良かった…

image

輪郭以外はバックステッチストレートステッチを使っていますが、2本取りなのでちょっとごちゃごちゃしちゃいました。大きめの刺繍の場合は、いろいろなステッチを使い分けるのもいいですね☆

スポンサーリンク

くるみボタンで包んでいきます

image

くるみボタンに添付してあった説明通り、丸く布を切り、裏側にボンドを塗ります。これはくるみボタンの種類や会社によって違いますので、説明書通りにやりましょう。

image

こんな感じで包んでいきます。

裏側にピンを付ければ完成です。

image

あとは裏側のふた(?)をして、ピンをボンドで付ければ完成です!

image

反省点ですが、糸は一本取りにすれば良かったです。また、細かい部分が多いので、ステッチもバックステッチストレートステッチなど、シンプルなもので仕上げるともっと綺麗にできた気がします。もしこれから細かい図案を刺繍する方はこの点に気をつけて刺繍すると、さらに綺麗に仕上がると思いますよ♪子供の絵ってシュールなものが多く、刺繍にするととってもいい感じになるし、子供も喜ぶのでぜひみなさんも作ってみてください。

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0]

スポンサーリンク