フェルトで簡単に!刺繍ワッペンの作り方

子供から「描いた絵を刺繍して欲しい!」と言われたので、またまたワッペンを作る事にしました。今回は、先日雑貨屋さんで見かけたフェルトのバッジが可愛かったので、それを参考にして作ってみました。簡単に作れますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まずは道具などを準備

image

好きな大きさのフェルトを二枚、ピーシングペーパー(今回も手元になかったのでクッキングペーパーで代用)、布ハサミ、刺繍針刺繍糸、ボンド、ブローチピン、イラストを描いた絵、厚紙、です。

フェルトは出来れば1枚は薄手のもの、もう1枚は厚手がいいです。厚手のものは刺繍がしにくいので、もしも厚手のものしかない場合は、アイロンをかけて少し厚みを押さえてから刺繍すると多少はやりやすくなります。もう1枚の厚手のものは裏に貼るものになります。

また、今回はフェルトなのでコピーペーパーでイラストを布に写す事ができません。そのため、ピーシングペーパーやスマプリなどを使うのが王道です。私は手元にどちらもないので、クッキングペーパーで代用です。クッキングペーパーはガサガサするので、初めて刺繍する方には向いていません。そもそもかなり邪道だし…薄手の接着芯などをお持ちなら、そちらで代用した方がやりやすいです。

厚紙はバッジを補強するために使います。見えない部分に使いますので、空き箱などを利用しても大丈夫です。

イラストをクッキングペーパーに写します。

image

写し絵のように写していきます。クッキングペーパーはボールペンだと書きにくいので鉛筆で作業しました。

刺繍枠にはめ、マチ針で止める。

image

薄手のフェルトを刺繍枠にはめ、クッキングペーパーをマチ針で止めます。

あとは刺繍していくだけ。

image

お好きなステッチで刺繍しましょう。まず、猫の顔は茶色の糸2本取りチェーンステッチで刺繍しました。

image

写真の関係で色味が先ほどの写真と違って見えますが、同じものです。目や口の縁取りは同じ茶色の糸2本取りバックステッチです。鼻はゴールドの刺繍糸2本取りサテンステッチ。ゴールドの刺繍糸は使いにくいのですが、細かいサテンステッチはとても綺麗に仕上がりました。フェルトへの刺繍はとてもやりやすかったので、もしかしたらラメ系の硬めの刺繍糸はフェルトと相性がいいのかもしれません。以前、このゴールドの刺繍糸を靴下のワンポイント刺繍に使った際は、かなり苦戦しました…

image

口の中はピンクの糸2本取りサテンステッチ、吹き出しはブルーグレーの刺繍糸2本取りバックステッチ、文字はコバルトブルーの糸1本取りバックステッチです。吹き出しや文字は子供が書いた感じを出すために、荒めの刺繍にしました。

image

あとは、クッキングペーパーをやさしくちぎっていけば、刺繍完成です!ちぎる際は少しずつ、やさしくちぎってくださいね。力を入れると、糸がつっぱってしまい、せっかくの刺繍がよれてしまします。この手間を考えると、やはりスマプリやピーシングペーパーを使うのがおすすめですね。

スポンサーリンク

ワッペンにしていきましょう

image

刺繍したフェルト、もう1枚のフェルトを好きな大きさ・形にカットします。同じ大きさにするのがポイントです。そして、厚紙をそのフェルトよりも一回り小さめ、数ミリ小さくカットします。

image

刺繍したフェルトともう1枚のフェルトの間に厚紙を挟んで重ね、ボンドで貼付けます。貼付けたあと、縁を裁ほう上手などの手芸用ボンドで止めると仕上がりが綺麗です。

image

裏側にブローチピンをボンドで固定したら完成です。ブローチピンは事前にフェルトに縫っておくと、さらに頑丈だと思います。

子供は大喜びで、さっそく自分のバッグにつけています。どんなイラストでも応用可能なので、また作りたいなーと思っています。手元に白いフェルトしか無かったので、今回は2枚とも白いフェルトですが、カラーフェルトを使ったり、2枚のフェルトを違う色にするのもいいな〜と思います!

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0]

スポンサーリンク