ワンポイント刺繍の図案なら、「図案辞典」がおすすめ!

先日、古本屋さんで「図案辞典」という文庫本を見つけて即買いしました。とにかく本自体がかわいくてかわいくて。で、刺繍の図案に使えるんじゃないかと思い、さっそく刺繍してみました!

スポンサーリンク

野ばら社が発行している「図案辞典」


とにかくレトロな図案がぎっしり詰まった辞典。辞典といっても堅苦しいものではなく、刺繍好きなら心躍るような図案がたくさん!私は文庫を買いましたが、大型版もあるようです。1949年に初版で何度も再版されています。いろいろな動物や植物、人物、文字、模様など本当に多種多様なイラストが載っています。

猫の図案


悩みましたが、今回はこの図案辞典の中の猫の図案を刺繍してみる事にしました。まずは図案辞典の中の図案をピーシングペーパーか代用品(私の場合は薄い接着芯)に写します。今回は、子供の下着にワンポイント刺繍します。

私はめんどくさがりなので、手元にある薄い接着芯に図案を直接トレースしました。しかも結構適当に。だからこんな感じです。刺繍すると違った表情になるので、トレースのズレはそれほど気にしていません。

いつも通り、ピーシングペーパーをわざわざ購入する事無く、接着芯に図案を写してピーシングペーパーの代用品とします。本当はピーシングペーパーやスマプリの方がダントツでやりやすい事は分かっているんですが…次こそユザワヤに行ったら購入したいです。

image

必要なものを準備しましょう


刺繍したい布(今回はこどもの下着)、ピーシングペーパーか代用品、ボールペン、刺繍糸刺繍針刺繍枠、ハサミ、マチ針、こんなところでしょうか。必要なものはだいたいいつも同じようなものです。図案をどうやって布に写していくかによって、多少道具がかわるくらいですね。

スポンサーリンク

さっそく刺繍しましょう


まずは刺繍枠に布を張り、刺繍したい場所に先ほどの図案をマチ針で止めていきます。今回は刺繍がしにくいのびるタイプの布なので、刺繍枠を使う際は布を伸ばしすぎずたるませすぎないように気をつけました。適度な張り具合だと、刺繍もしやすいし、仕上がりの糸が弛んだり歪んだりしません。

image

今回は小さな刺繍(10円玉くらいの大きさ)なので、糸はすべて1本取りです。まずは輪郭を黒い刺繍糸を使い、バックステッチで仕上げていきます。小さな刺繍な上に、難易度高めな布だったので、丁寧に時間をかけました。

image

猫ちゃんの輪郭はこんな感じで完成です。あとは首輪を赤い刺繍糸を1本取りし、サテンステッチで仕上げていきます。

image

完成です!この写真だけ色が飛んでいますね…このあと、まわりの接着芯を丁寧に取り除いていきます。もしも取りきれない場合は、無理に引っ張らずに水洗いしてゆっくりと取っていきましょう。引っ張るとせっかくの刺繍が台無しになりますので。

image

取り除いて洗濯するとこんな感じ。喜んで履いてくれています♡

image

実は一度失敗しています…


なんだかスムーズに行った感じでご紹介しましたが、実は一度失敗しました。布の特性を理解せずに、図案を直接描いて刺繍しようとしたら、刺繍しにくいのなんの!そして、いびつな猫になりそうだったので、すぐにやり直しました。

やっぱり薄い布や刺繍しにくい布にはピーシングペーパーなどのワンクッションが必要になる事をつくづく感じました。ちなみにこの下着はコピーペーパーを使う事ができませんでした。コピーペーパーでは図案を写す事ができない布って、ときどき遭遇します。気をつけないといけませんね。

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0]

スポンサーリンク