穴の空いたズボンに猫の図案を刺繍して穴埋めしてみた。

子供のパンツやズボンの膝って、なんでこんなに穴が空くのだろう…破れや穴を埋めるために、初心者でも簡単そうな猫の図案で、手縫い刺繍をしてみることにしました。ズボンの穴をリメイクしたい!補修したいという方、穴埋めのやり方は完全に自己流ですが、結構おすすめです!

スポンサーリンク

必要なもの


穴より少し大きめの片面接着芯(なければ普通の布でも)、アイロン、クッキングシート、鉛筆、マチ針、図案、刺繍枠刺繍糸刺繍針、はさみ、くらいでしょうか。それぞれの道具の使い方については、リンクで詳しく説明していますので、見たい道具をクリックしてみてください。

まずはパンツの穴に接着芯を貼っていきます。


パンツやズボンの裏側から接着芯を貼っていきます。接着芯の貼り方はコチラの記事を参考にしてください。私は薄い接着芯しか持っていないので、薄いものを使っていますが、普通の厚さのものでも大丈夫です。ちなみに接着芯は両面ではなく、片面接着芯です。

IMG_3797

IMG_3799

また、接着芯がない場合は、普通の刺繍しやすそうな布をズボンの裏側に手芸用ボンドなどで接着するか、仮縫いして代用可能だと思います。とにかく刺繍に支障がない布で、裏から穴が埋められていれば大丈夫です。

フェルトや穴が荒い布、厚手の布は穴埋め刺繍に向きませんので使わない方が良いです。

ピーシングペーパーの代用品として、クッキングシートを使う。


私にはおなじみのやり方ですが、ピーシングペーパーが手元にないのでクッキングシートを使って図案を刺繍していきます。

ピーシングペーパーとは、描いた図案をそのまま布に刺繍していくことができる便利なもの。使い方としては、ペーパーに図案を写し、刺繍したい布にアイロン等で軽く接着します。接着したら、ペーパーの図案通りにペーパーと布を一緒に刺繍し、最後にペーパーを破って取り除けばできあがり、といった感じです。

これを今回はクッキングシートで代用していきます。まずは、クッキングシートに図案を写しましょう。今回の猫の図案はオリジナルです。図案の写し方はコチラの記事が参考になるかも。

写したら、刺繍枠をはめ、マチ針でズボンにこのように止めていきます。接着はしませんが、刺繍をはじめてしまえば、刺繍糸で自然に固定されていくので、大丈夫。マチ針を止める際に、反対側生地を巻き込まないように注意してください。

IMG_3800

また、穴埋めが目的なので、刺繍する予定の図案部分が、ちゃんと穴を覆っていることがポイントです。

猫の刺繍をしていきます。


目や鼻はサテンステッチ2本取りで刺繍していきます。顔の小さなパーツは数ミリずれるだけで表情が変わりますので、先にやってしまいましょう。口の部分は2本取りアウトラインステッチで仕上げました。

IMG_3801

刺し始めや刺し終わりは玉結びをしていますが、別のやり方がいいという方はコチラの記事を参考にしてみてください。

面積の広い顔の部分はロングアンドショートステッチで刺繍します。初心者だとサテンステッチで埋めてしまいがちですが、広い面積をサテンステッチで埋めるのはかなり難易度高く、よれたりするのでおすすめしません。

IMG_3802

ロングアンドショートステッチがうまく行かないと感じる方も多いようですが、綺麗に縫い目を並べようとせず、ランダムに刺繍糸で隙間を埋めていく感じで刺繍すると結構うまく行きます。

途中でクッキングシートがだんだん破れていきますが、気にせずにガンガン刺繍しちゃいます。

IMG_3804

耳の部分はサテンステッチです。ここはシンプルで簡単です。ひげはストレートステッチで仕上げて完成です!

IMG_3808

クッキングシートを破ったらおしまい。


あとはクッキングシートをしずかーに破っていきます。強く引っ張ると刺繍糸がよれてしまうので、ご注意くださいね。

クッキングシートが少し残ってしまっても、洗濯しているうちにとれますので気にしなくても大丈夫です。

IMG_3809

さあ、穴埋めされたズボン完成!

IMG_3810

スポンサーリンク

洗濯しても大丈夫!


ちなみに以前穴埋めしたこちらの記事のガウチョパンツは、洗濯機で何十回も洗濯していますが、ほつれることも一切無く、現役で活躍しています。自己流穴埋め刺繍もなかなか丈夫ですね。

反省点・注意点


実際やってみて思ったことは、まず、穴あきの部分は細かい刺繍が向かないということです。今回、穴の部分のほとんどは顔の広い面積のサテンステッチでしたが、一部が鼻に当たってしまい、鼻の刺繍が結構やりにくかったです。

もしもこれから刺繍で穴埋めする方がいたら、穴空き部分に細かい刺繍が当たらないように注意した方が刺繍しやすいと思います。

今回はユニクロの子供用レギパンだったので、刺繍しにくかった…スキニータイプなので、伸縮性があるとはいえ、裏の生地を針で拾ってしまわないように注意深く刺繍しました。出来ないことはないですが、初心者の方には向かないかも。

それから、ロングアンドショートステッチのコツがまた一つつかめた気がするので、また別記事でご紹介したいと思います。

まとめ


今回は手縫い刺繍で穴埋めする方法をご紹介しました。穴があくたびに使える方法なので、ぜひ参考にしてみてください。市販のアップリケやただ布で穴を埋めるよりも、手縫い刺繍はかわいいし、暖かみがあるので気に入っています。

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=1]

スポンサーリンク